特許事務所に勤務する弁理士の一般的な1日の過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁理士の多くは特許事務所、企業の知的財産部門などを中心に活躍していますが、個人事業主として独立して事務所を開設する働き方もあります。どのような働き方かによって1日の過ごし方は違ってきますが、今回は一般的な特許事務所に勤務する弁理士の1日の過ごし方を見ていきましょう。

出社

特許事務所に入社すると、多くの場合一般のサラリーマンと同じく朝の9時から勤務開始です。弁理士では裁量労働的な部分も多く、一般のサラリーマンより遅い時間に出社できることもあります。ただ、出社時間が遅ければその分、終業時間も遅くなるため、トータルでの労働時間はだいたい同じです。

メールチェック

出社すると、まずメールチェックを行い、返信の必要があるものには返信を行います。担当案件によっては、国内だけでなく海外からの案件もあり、夜間にメールが届いていることも多いです。対応の必要なメールを処理してから仕事に取りかかります。

商標調査と書類作成

弁理士の仕事は商標調査と書類作成が中心です。まず、依頼の順に商標調査に取りかかり、特許出願する場合は、同じ内容の特許が競合他社によって出願されていないかを調べます。すでに登録されている商標を侵害していないと確認できたら、クライアントに報告し、商標登録の出願を希望される場合は、願書や請求書を作成していきます。意匠登録の場合は図面の手配も必要です。

また、入金済みの案件は、特許庁に出向いて商標登録を出願します。そのほか、商標権の存続期間の更新や商標権の移転登録などでも特許庁に出向くことがあります。

来客対応も

午後も同じように仕事を進めていきます。来客がある場合は、依頼内容を聞いて、出願できそうな場合は調査ファイルを作成しておきます。また、案件によって、審判請求書、手続き補正書、意見書などを作成したり、クライアントからの希望があれば見積書を作成したりといった業務もあります。

勤務終了後も勉強する弁理士が多い

一般的な1日の流れは上記の通りですが、勤務の後に弁理士会の勉強会に出席したり独学で勉強に励んだりする人も多いです。技術は日々進歩しており、法律も頻繁に改正されています。変化に対応するため、弁理士として働く限り勉強は一生続くのです。

日本弁理士会の仕事をすることも

また、日本弁理士会の委員会に入会している場合は、商標委員会や特許委員会など、所属する委員会のさまざまな業務にも携わります。委員会には、希望すれば弁理士なら誰でも入会可能です。月に2~3回、特許庁や弁理士会に出向いて、学者や有識者と話し合ったり意見を述べたりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加